女性

PTSDの治療は専門クリニックが最適|ストレスフリーを目指そう!

発症しやすいタイプ

女性

トラウマが原因になって発症するPTSDですが、強い恐怖を感じた際の記憶を鮮明に思い出してしまうという特徴があります。俗に言うフラッシュバックという症状が見られるのですが、特に暴行や性的虐待を受けた経験のある人に発症しやすいのです。海外では戦争やテロを体験したことがきっかけでPTSDを発症する人も多いのですが、日本だと自然災害や性的虐待による発症パターンが多く確認されています。女性の割合が高いので、ホルモンバランスが発症を引き起こす可能性があると言われていますが、PTSDの明確な原因などはまだ明らかにされていません。

PTSDを発症しやすいのは女性だと言われています。女性は性的虐待の被害者になりやすいのですが、犯罪に遭うことによって与えられる恐怖やストレスはとても大きいと言えます。その分ショックも大きくなり、精神的なバランスは崩れてしまいます。痴漢やストーカー被害に遭った場合でもPTSDを発症する可能性があるので、もしも不安な場合には専門機関に相談することが大切です。

屈強な男性であってもPTSDを発症する可能性があるので、性別や年齢は特に関連性が見受けられないと言えるでしょう。元々の性格も多少は関係しますが、ストレスが大きいほどに発症のリスクも高くなるのです。ちょっとしたストレスが原因になることもあります。恐怖感を紛らわせるために多くのアルコールを摂取すると、精神的なバランスを失い余計に症状が悪化することもあるので、正しい対処を行なわなければいけません。アルコール依存や薬物依存に陥ってしまう可能性も決して少なくないため、PTSDの症状が現れたら医療機関による治療を受けることが必要でしょう。